2018年度~2019年度の役員及び評議員の選出について

2017/07/03

公示

一般社団法人日本集中治療医学会定款に基づき、2018年度~2019年度の役員及び評議員の選出を行います。
役員候補者及び評議員となることを希望する者は、所定の手続きを行ってください。
理事、監事の選挙については郵送による投票となります。
郵送による選挙の詳細は11 月1日の選挙公示(投票用紙発送)の際にお知らせします。
なお、理事、監事、会長候補者の届け出用紙は評議員(有権者)に開示致しますので御了承願います。

1.理 事
一般社団法人日本集中治療医学会定款第19条第4項、理事選出に関する細則に従い、本学会理事任期満了による新理事の選挙を郵送による投票にて行います。新理事の任期は第45回学術集会終了の翌日より、第47回学術集会の終了日までです。候補者となることを希望する者は、所定の届け出用紙を用いて、2017年9月30日(当日消印有効)までに学会事務局まで一般書留にて届け出てください。
届け出用紙はこちら → (WordPDF

2.監 事
一般社団法人日本集中治療医学会定款第19条第4項、監事選出に関する細則に従い、本学会監事任期満了による新監事の選挙を郵送による投票にて行います。新監事の任期は第45回学術集会終了の翌日より、第47回学術集会の終了日までです。候補者となることを希望する者は、所定の届け出用紙を用いて、2017年9月30日(当日消印有効)までに学会事務局まで一般書留にて届け出てください。
届け出用紙はこちら → (WordPDF

3.第49回会長(副会長)
一般社団法人日本集中治療医学会定款第38条第4項、会長および副会長選出に関する細則に従い、本学会第45回会長の任期満了による第49回会長の選挙を第45回学術集会時に開催される社員総会にて行います。第49回会長に選出された者は第46回学術集会終了の翌日より、第48回学術集会終了日までは副会長となります。候補者となることを希望する者は、所定の届け出用紙を用いて、評議員5名以上の推薦状を添えて2017年9月30日(当日消印有効)までに学会事務局まで一般書留にて届け出てください。
届け出用紙はこちら → (WordPDF

4.評議員
一般社団法人日本集中治療医学会定款第17条第2項、評議員選出に関する細則に従い、本学会評議員任期満了による新評議員の選出を行います。新評議員の任期は第45回学術集会終了の翌日より、第47回学術集会の終了日までです。候補者となることを希望する者(新任・再任)は、所定の届け出用紙を用いて、2017年9月30日(当日消印有効)までに学会事務局まで一般書留にて届け出てください。なお、新任の場合は評議員2名の推薦状を添えてください。
届け出用紙はこちら → (WordPDF

2017年7月3日
 
日本集中治療医学会
理事長 西村 匡司