ホーム > 敗血症セミナー > 敗血症セミナーin名古屋 開催のご案内


敗血症セミナーin名古屋 開催のご案内


<セミナー概要>
目的: 重症敗血症や敗血症性ショックの治療においては、早期診断・早期治療、それに引き続く集中治療が不可欠です。また、敗血症診療全般においては、日常診療上での多職種の連携が重要です。
このような観点から、日本集中治療医学会では、本学会会員のみならず関連する診療科の医師の方々や多くの医療職種の方々にもご参加いただくことを目的に、「敗血症セミナー」を2013年9月から開催しています。この「敗血症セミナー」も、2015年1月10日のセミナーで第5回を数えます。今回のセミナーでは、「敗血症と免疫応答」や「免疫弱者における敗血症」といった観点から、ご参加いただく皆様と敗血症の問題点を考えたいと思います。
日時: 2015年1月10日(土)13:00〜16:50
場所: 名古屋大学医学部基礎医学研究棟第4講義室
(名古屋市昭和区鶴舞町65番地 名古屋大学鶴舞キャンパス)
≫周辺地図(PDF)
≫交通アクセスのご案内(名古屋大学HPへリンク)
募集人数: 300名
対象: 日本集中治療医学会会員、およびその他医療従事者
受講料: 3,000円
主催: 日本集中治療医学会

<プログラム(予定)>
開会の辞 13:00−13:05
氏家 良人先生(日本集中治療医学会理事長)

第1部 13:05−13:55 (50分)
基調講演 免疫機能低下の病態とモニタリング

〜敗血症における免疫低下を考える〜
座長 松田 直之先生 (名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野)
演者 小野 聡 先生 (東京医科大学八王子医療センター特定集中治療部)
(休憩10分)

第2部 14:05−15:25 (80分)
免疫弱者における敗血症の認知と治療戦略

座長  中川 聡先生(国立成育医療研究センター)
演者
1.がん患者における敗血症
冲中 敬二先生(国立がんセンター中央病院 造血幹細胞移植科)
2.糖尿病患者における敗血症
藤本 啓先生(東京慈恵医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)
3.高齢者における敗血症
井上 茂亮先生(東海大学医学部外科学系救命救急医学)
4.小児における敗血症
沼口 敦先生(名古屋大学医学部附属病院救急・内科系集中治療部)
(休憩10分)

第3部 15:35-16:45 (70分)
パネルディスカッション「ICUにおける敗血症免疫管理-私たちはこうやっている-」

座長 松田 直之先生(名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野)
    小野 聡先生(東京医科大学八王子医療センター特定集中治療部)
演者
1.Surgical ICUにおける免疫管理の工夫〜敗血症予防策〜
貝沼 関志先生(名古屋大学医学部附属病院外科系集中治療部 )
2.高度救命救急センターにおける免疫管理の工夫〜敗血症予防策〜
吉田 省造先生(岐阜大学医学部附属病院高度救命救急センター)
3.中京病院における免疫管理の工夫
大須賀 章倫先生(中京病院救急科)
4.藤田保健衛生大学における免疫管理の工夫〜敗血症予防策〜
中村 智之先生(藤田保健衛生大学麻酔・侵襲制御医学講座)

閉会の辞 16:45−16:50
中川 聡先生(日本集中治療医学会Global Sepsis Alliance委員長)

<申し込み要領>
1.申込期間
申込期間は、11月28日〜12月25日迄です。
・先着順に受け付けますので、申込期間中であっても定員に達し次第締め切りますのでご容赦ください。

2.申込方法
受講申込は専用申込みフォームで受け付けます。
○会員の方はこちらから
会員
○非会員の方はこちらから
非会員
※日本集中治療医学会会員で会員専用ページに未登録の方は初期登録をお願いします。 登録手順のご案内はこちら

3.受講料振込について
受講申込者には自動返信メールをお送りします。返信メールには参加費(3,000円)の振込先・振込期限が記載されておりますので、必ず期日までに納入してください。

4.受講決定について
受講料の振込完了を以て受講決定となります。
郵送、メール等での受講決定通知は致しませんので、ご注意ください。

5.当日持参物
・受講料の払込票控え
・e医学会カード(日本集中治療医学会会員で、医師の方のみ)

6.申込後のキャンセル・変更
受講料は理由の如何にかかわらず返金できません。
受講者の変更は認めておりません。必ずご本人がお申込みください。

<お問い合わせ先>
一般社団法人日本集中治療医学会事務局 川崎
〒334-0071 東京都文京区本郷3-32-6ハイヴ本郷3階
TEL:03-3815-0589 FAX:03-3815-0585
MAIL:jimu@jsicm.org