ホーム > 学会概要


 日本集中治療医学会は1974年に設立されました。設立25周年の1989年には第5回世界集中治療医学会を京都で開催し、2001年からは日韓ジョイントコングレスを毎年相互に開催しています。また、2009年から多国間でinternational joint clinical study projectsを始めています。2012年4月現在の本学会会員数は9,095名で、医師会員、看護師会員、臨床工学技士会員がそれぞれ約6,400名、約2,300名、約300名です。集中治療部( ICU , Intensive Care Units )は医師とコ・メディカルスタッフ(看護師や臨床工学技士など)が車の両輪のごとく、24時間体制で医療を実践する特色ある診療部門です。そして、医師会員は麻酔科医、救急科医、循環器科医、小児科医などの背景を持ち、さらに集中治療に専門性を持つ医師で構成されています。
 ICUには手術室、一般病棟、救急外来などから最重症で集中治療を要する患者さんが収容されます。そこでは人工呼吸器、血液浄化装置、経皮的心肺補助装置などの生命維持装置や生理機能情報監視装置など高度な医療機器を使用して、重症患者さんに対する集中治療を実践しています。2006年に行われた本学会の全国調査によれば、ICUのベッド数は人口10万人あたり4ベッドで、欧米の7〜24ベッドと比較して少ない状況です。日本集中治療医学会専門医研修施設の機能別分類では、一般総合ICU(約60%)、術後ICU(約10%)、救命救急ICU(約10%)、冠・心疾患CCU(約5%)の順となっています。これらの施設における最近の治療成績は米国やドイツと並び、死亡率が15%未満と非常に良好です。今日では集中治療部門の存在は中規模以上の急性期病院における重症患者管理に不可欠のものとなっています。
 日本集中治療医学会では1976年より準機関誌、1994年より機関誌を発刊し、最近では年間100編以上の科学論文を掲載して、集中治療分野の教育・研究・臨床に寄与しています。また2013年より英文機関誌 Journal of Intensive Careを発刊いたします。
 医師部門では1989年より専門医制度を発足し、2012年4月現在で935名の専門医を育成してきました。今後は、日本専門医制認定・評価機構の認定基準に準拠した試験制度に変革して、集中治療専門医の知識・実践技術の向上を図るとともに、集中治療におけるデータベースの構築、世界レベルの臨床治験、諸外国への集中治療における支援などを通して、広い視野から集中治療分野に貢献して行きます。看護部会では各種委員会を設けて広く活動し、より良いICUの看護ケアを24時間体制で提供しています。ICU・CCU看護教育セミナー、家族への心のケアセミナーを開催し、また、科学的な看護研究を臨床で展開するなど、若手看護師の育成やICUの看護技術の向上を図っています。そして、最近、臨床工学技士部会も立ち上がり、この部門ではICUにおける生命維持装置や生理機能情報監視装置の保守・点検および安全管理に貢献しています。
 日本集中治療医学会は急性期重症患者さんの生命維持・治療における最後の砦である集中治療分野を支援・発展させるべく、高い目標に向かって歩み続ける所存です。